最近の記事

2011年05月09日

USBメモリサイズの世界最小パソコン2000円で販売予定

世界の貧困地域や後進国にパソコンを普及させるために、イギリスの財団が超小型パソコンを開発した。USBフラッシュメモリサイズと小さいながらも、OSを動かすのに十分な性能を備えている。これをわずか25ドル(約2000円)で販売しようというのだ。このパソコンが量産されるようになれば、世界中のパソコン環境がより充実したものになるだろう。
usb_pc.jpg
超小型のパソコンを開発したのは、イギリスの「ラズベリー・パイ」だ。同財団はOSを起動させるのに必要最小限の機能を詰め込んだ、片手に収まるパソコンを作りあげた。

大きさは、USBメモリと同サイズでありながら、700MHzのARM11プロセッサと、RAM128MBを搭載している。そのほかにUSBポートがあり、他の必要機器は外付け可能な状態になっている。I/Oスロットも用意されているので、別途でカメラを取り付けることもできる。

同財団のホームページでは、キーボード・マウス・モニターを繋いで、OS「Ubuntu」を起動している様子が掲載されているのだが、パソコン環境としては、問題のないレベルを実現しているようだ。

今後、量産に向けてさらにコストを圧縮する必要がある。25ドルで収めるには、まだまだ高いハードルが待ち構えているようだ。しかしながら、貧困地域の支援になるだけでなく、パソコン機器のコストダウンに一役買いそうだ。近い将来、USBメモリ感覚でパソコンをポケットに入れて持ち歩く日が来るかも知れない。スマートフォンとは一味違った新たな楽しみが生まれそうだ。

参照:Raspberry Pi Foundation(英文)

.
ラベル:USB 小型パソコン
posted by りんぺい at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。